【ゲーム感想】うたわれるもの 二人の白皇

二人の白皇感想です。
PS4版とVita版があり、私はPS4版を購入しました。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-22-47-311

露骨なネタバレはありません

購入のきっかけ

うたわれシリーズ3部作完結作ということで購入
偽りの仮面のアニメの続きがどうしても気になったというのもあります。
ちなみにシリーズプレイはこんな感じです。
・うたわれるもの:ゲーム(PS2)、アニメ
・偽りの仮面:アニメ

雰囲気 ★★★★★

雰囲気は絶妙で抜群です。
特殊な用語が多いですが、用語辞典などもあるので、わからない単語や人物名、地名なども調べることができます。

戦闘★★★★☆

ターン制ストラテジーゲームです。「気力」の使いどころが肝です。
攻撃をすると「気力」がたまっていき、100%になるともう一度そのキャラクターのターンが来ます。敵も同じで、「気力」が100%になってしまうと、もう一度攻撃されてしまうので闇雲に攻撃しているとこちらがピンチになる。
難易度は普通と難しいの2つ。頭を使った戦闘がしたいなら難しいを選んでおくとよいと思います。難易度は途中で上げたり下げたりできます。
ひとつ残念なのが、メンバーが火力不足になりがち。敵のパワーが徐々にインフレ化してくるので装備とBPで補っても後半辛くなってきます。あとゲストキャラクターが強すぎる。もうあいつひとりでいいんじゃないかな。
間違えたときのためにターンの巻き戻しシステムがあるのはとてもありがたいです。
また、敗北したときにEXPを引き継いでチャレンジできるのも救いだと思います。

システム★★★★☆

アドベンチャーパートとシミュレーションパートに分かれています。
前半は日常会話で的なアドベンチャーパートが多く、後半に行くにつれてシミュレーションパートが多くなります。
インデックスメニュー画面のカスタマイズ性に優れており、背景とBGMを自由に変えることができます。

シナリオ・主人公★★★★☆

前作はアニメのみでしたが、ゲームシナリオ内容とさほど変わらないようですので、すんなりと今作の世界に入り込むことができました。
前半はギャグパートと(自分の正体を隠すために)胸が痛い展開が目立ちます。結構「あれっ正体バレてない?」みたいな展開がありました。結局バレてないですが。
後半はシナリオの密度と展開が素晴らしい。最後は本当に「予想は裏切る、期待は裏切らない」でした本当にありがとうございます。集大成にふさわしい作品となったのではないでしょうか。過去シリーズのキャラクターが多く出てきていますので過去作をプレイやアニメ見た人は大いに楽しめます。逆に過去シリーズを一切知らない人は感動が半減してしまうかも。
シナリオをクリアすると夢幻演武というエクストラステージをプレイできます。これがとても難しくやりごたえのある内容になっています。少しシナリオも付いているので楽しくプレイできます。私はまだクリアできていません。はたしてクリアできるのか危ういです。

グラフィック ★★★☆☆

CGはどれも美しく素晴らしいです。欲を言うならもう少しCG欲しかった所。
3DCGはPS4の割には良いとは言えないグラ。まあこのゲームでグラを求めるのは無粋というもの。

BGM★★★★★

過去作からの楽曲を惜しげもなく使用しています。本当に集大成という感じ。
ここぞというときにキミガタメ流してきたときはもうダメかと思いました。あれは反則ですよ泣きますよ。
特定ボス戦で偽りの仮面前期OPのアレンジBGMが流れてテンションが上がります。
今作のED曲はとても良かったです。ゲーム中に使われている曲調を主題歌やED曲に使うタイプのゲームは本当に好きです。ゲーム中に流れてくるから親しみが湧くんですよね。もっとこういうゲーム増えればいいんですがね。
全体的にBGMは素晴らしい。シリーズをプレイしたり、アニメ見てからだとより感動できます。

うたわれるもの 二人の白皇 通常版 PS4版

価格:6,242円
(2016/10/12 13:57時点)
感想(1件)

うたわれるもの 二人の白皇 通常版 PS Vita版

価格:6,242円
(2016/10/12 14:02時点)
感想(1件)


PS4 ゲーム感想・考察

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

*

CAPTCHA