【ゲーム感想】ペーパーマリオカラースプラッシュ

ペーパーマリオシリーズ最新作
ペーパーマリオカラースプラッシュのプレイ感想です。
私はwiiUのソフトはDL版で買っているので今回もDL版。
DL版の良いところは遊びたい時にすぐ遊べるところ。そのせいで月のカード支払いはひどい事になっていますが。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-25-23-30-451

シナリオネタバレは赤い大ペンキスターゲットまでです。
その他中盤に出現するアイテムカードのネタバレもあります。
 
今回のペーパーマリオはアクションアドベンチャー+RPG的な感じでしょうか。
感覚としては「マリオブラザーズ」と「マリオ&ルイージRPG」を足して2で割った感じ。
やはりマリオシリーズは力の入れ具合が違いますね。購入してよかったと思います。

購入のきっかけ

ニンテンドーダイレクトと海外レビューの点数。もともと興味はあったのですが、前作「スーパーシール」のこともありましたので、海外レビューを見てからの購入です。

雰囲気★★★★★

紙や段ボール質感などの表現がいい。建物や風景、空、海などすべて段ボールや厚紙などの紙素材でできており、世界に引き込まれます。よーく見ると戦闘時のマリオにも紙のテクスチャが張ってあるのがわかります。マリオが移動すると後ろに砂ぼこりが舞うのですが、それも紙でできており、かなり作りこまれているなと感じました。

戦闘★★★★☆

戦闘は「スーパーシール」系です。
レベルの概念はなく、手持ちのカードで戦います。このカードは一度使うとなくなってしまうので、補充が大切です。物語序盤で自分のターンに1度だけ10コインでカードスロットが出来るようになります。カードはお店で買えるほか、色抜けを直したり、ブロックをたたくと出てきますのでカード飢餓にはなりにくいと思います。
戦闘はターン制ですが、カードを選ぶのに時間がかかると、ヘイホーがカードを盗んできたりします。レベルの概念がないので、レベルアップのために無理に戦闘を行う必要がありません。戦闘ばかりだとダレてくる私にとってはありがたい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-26-22-09-19
▲テレビ画面
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-26-22-09-45
▲pad画面

戦闘に突入すると、まずゲームパッドからカードを一覧から選び、色を塗ります。そしてテレビ画面に戻り、アクションコマンドをタイミングよく押してゆきます。戦闘のテンポは悪いですが、毎回楽しんで戦闘を行えています。

システム(その他)★★★★☆

フィールドはコースマップ制です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-26-22-11-41
基本的にコースに入ったらペンキスターを取ればクリアです。
ですが、一度クリアしたコースに入ってアクションを起こさなければシナリオが動かない場合もあり、普通のマリオとはちょっと違います。まれに「泥棒ヘイホー」という敵がコースマップに出現しますので、たとえコースマップでも気が抜けません。
1点不満点を上げるならば、コース選択画面でのマリオの移動が遅いので、コース間の移動がストレスになる時があります。

特定のコースでは強制アクションイベントがありますが、アクションが不得意な人でも大丈夫なように、救済処置がありますのでご安心を。一定数間違えたりするとクリア条件が緩くなります。私もアクションは苦手なので、助かりました。

前作「スーパーシール」でも出現した「モノ」が今作も沢山登場します。この「モノ」だけは3Dで、絞るとカードに変えることが出来ます。「モノ」は物語を進めるのや、ボス攻略に必須です。特にボス戦では特定の「モノ」カードを発動させないと一定ターン後に大ダメージをくらい、ゲームオーバーになってしまいますので、やばいなと思ったら一旦逃げた方がいいですね。

ちなみにセーブデータは1ユーザーにつき1つのみです。
電子操作説明書に開発秘話とかが載っていますので必見です。本当に力入れて作ったんだなあ。

シナリオ・主人公★★★★☆

今回のマリオの目的は「色ヌケ」を元に戻し、ペンキスターを集めることです。各コースに色が抜け落ちて白くなった箇所があります。それを今作の相棒「ペンキ―」のペンキで塗っていくことができます。色ヌケを塗っていくだけでも楽しいです。
各コースはどれも手が込んでいて、ワクワクします。クスッとくるギミックや、ペーパーマリオおなじみのメタなイベントやネタが満載なので飽きが来ません。

物語序盤ででてくる「しゃくとりヘイホー」が軽くトラウマ。あの演出とBGMはやばい。助け出したキノピオの様子も終始おかしかったし・・・

BGM★★★★★

各コースBGM 、戦闘BGM、中ボスBGM、ボスBGMどれをとっても素晴らしい。
お気に入りはベニーロードと泥棒ヘイホー戦ですね。

まとめ

相変わらずの面白さです。かなり気合い入れて作ったな、というのが感じられます。
長らくペーパーマリオシリーズは迷走していましたが、今作でようやくシリーズのスタイルが落ち着いたのではないかと思います。

ちなみに次のゲームはポケットモンスター サンを購入する予定です。
それまでに二人の白皇の夢幻演武終わらせないとなぁ。

ペーパーマリオ カラースプラッシュ

価格:5,294円
(2016/10/26 13:25時点)
感想(0件)


WiiU ゲーム感想・考察

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

*

CAPTCHA